CATERHAM NEWS

Kamui Kobayashi(小林可夢偉) Limited Edition

2014年5月30日


 

ケータハムカーズジャパンは、2014年6月1日より、ケータハムF1チーム日本人ドライバー小林可夢偉デザインの『Kamui Kobayashi(小林可夢偉) Limited Edition』を、小林可夢偉の母国日本でのみ10台限定で発売致します。

 

125PSのセブン250を基にしたこのスペシャル・エディションは、F1ドライバーが自らチョイスしたパフォーマンス重視の特徴が満載です。1.6Lのフォードシグマエンジンを搭載し、僅か5.9秒で約100km/hにまで到達、トップスピードは196km/h。リミテッド・スリップ・デファレンシャル付6速マニュアルトランスミッションを採用しています。

外観は、光沢のある黒地にマットブラックのストライプ。小林可夢偉エディションは、全車、ノーズに可夢偉のF1カーナンバー10のマーク付。サイクルフェンダーと、リアフェンダー・プロテクターは、セブンモデルとしては、初となるケータハムならではの、グリーン塗料を染み込ませたカーボンファイバーで仕上げています。

真のレーシングスタイルでは、車はシングルシーターで、助手席部分はアルミニウム製トノーで覆われており、合わせて、リアのバルクヘッドには、シングルシーター用ロールバーを取り付け、新型の13インチのダイアモンドカットブラックホイールを採用。また、ダイナミックなスタイリングを完成させるため、ポリッシュ・テールパイプを採用。

インテリアもパフォーマンス重視となっており、ケータハムグリーン塗料を染み込ませたカーボンファイバー製ダッシュボードを採用、これには可夢偉自身のサイン入り。スポーツシートもカーボンファイバー製で、ステッチを引き立てるグリーン、ヘッドレストには可夢偉のロゴ、タカタ製の緑の4点ハーネスが採用されています。

インテリアに関するその他の特徴として、可夢偉ロゴ入りメーター類、可夢偉ロゴ入りのアルマイト処理したグリーンのギアノブ、アルマイト処理したグリーンのキーが挙げられる。

今年の初め、可夢偉がシルバーストンサーキットで、初めてケータハムセブンを走らせたとき、このスペシャル・エディションに次のように語っている。「僕にとってケータハムセブンはとてもピュアなクルマ。セブンを走らせると、車に走らされているのではなく、自分が車を走らせている感覚がある。ケータハムF1マシンでは、何もかもが電子制御されているけれど、セブンに乗っていると本当の意味で車が理解できるし、ドライビングの楽しさが良く分かってくる。この車は、すでに素晴らしい走りをする車だから、僕がデザインすることでもっと魅力的な車にしたい。」

ケータハム・カーズ、チーフコマーシャルオフィサーであるデビッド・リドリーは、「日本はケータハムにとって2番目に大きな輸出市場であり、日本のケータハムコミュニティは、小林の熱烈なファンだ。日本のファンにこの限定モデルを提供することが出来て嬉しい。いずれ、コレクターズアイテムになるのは間違いないだろう。可夢偉は、デザインのカスタマイズを楽しんでくれたし、テストドライブをした上で太鼓判を押してくれた。」とコメントしている。

日本でのデリバリーは2014年秋以降となります。

■車両本体価格 : ¥6,000,000 (消費税8%込)

Kamui Kobayashi(小林可夢偉) Limited Edition特別装備

・ シングルシーター&シングルシーター用ロールバー
・ 助手席アルミトノカバー
・ グロスブラックペイント+マットブラックストライプ
・ ノーズコーンに可夢偉のF1カーナンバー10マーク
・ ガンメタルグレーシャシー
・ カーボンエアロスクリーン + カーボンミラー
・ ブラックパック
・ カーボンサイクルフェンダー(グリーンラッカーコーティング特別タイプ)
・ カーボンリアフェンダー・プロテクター(グリーンラッカーコーティング特別タイプ)
・ 6スピードギアボックス
・ LSD
・ ワイドトラックサスペンション
・ ベンティレーティッドフロントディスク + 4ポットキャリパー
・13インチダイヤモンドカットブラックホイール + Avon CR500タイヤ
・ ポリッシュ・テールパイプ
・ TAKATAグリーン4点式サーキットハーネス
・ カーボン-レザー ビニールブーツカバー
・ 可夢偉ロゴ入りメーター類
・ カーボンシート&グリーンステッチ(ヘッドレストに可夢偉ロゴ入り)
・ レザーハーフドア(運転席のみ)
・ グリーンアルマイト処理ギアノブ&キー
・ カーペットマット
・ ヒーター
・12Vパワーソケット